部署紹介

手術室

手術室は患者様へ安全・安楽で質の高い手術看護が提供できるように努力しています。 、術前訪問による患者情報の把握や皮膚・神経障害を起こさないための術中体位の工夫、安全な手術器械・器具の提供など行っています。

・手術部屋…4部屋  
・手術科…外科・整形外科・婦人科・泌尿器科・耳鼻科・眼科・形成外科など
・手術件数…予定・緊急手術を含め年間約1200件行っております。

●スタッフ紹介
看護師8名 看護助手3名

主な業務紹介

■洗浄作業
 患者様に使われたいろいろな器材を、それぞれに合った洗浄方法で処理し、洗浄専用器で熱消毒を加えたり、超音波を使った洗浄処理をしたり、質の高い洗浄を目指しています。
■組み立て作業
 手術や検査に使うセットから、衛生材料にいたる物のパックまで、組み立て、包装を行っています。
■滅菌作業
 滅菌とは、高熱やガスを使って菌を殺すことです。器材をいろいろな滅菌器に入れて処理をします。

■保管作業
 滅菌や洗浄をした物を、清潔な環境で保管し、安全な器材を払い出しています。滅菌された物を扱う前には、必ず手指衛生を行っています。
その他
当院では、歩行入室も行っております。また、小児の手術の場合、親と一緒に入室まで付き添うこともできます。

手術を待つご家族の方へ

 患者様が手術を受けている間、ご家族は病棟のデイルームでお待ちいただきます。(手術室に待合室はありません)
 手術が終了しますと、病棟へ電話連絡があります。

 連絡を受けましたらご家族は手術室面談室または病棟面談室まで来ていただき、主治医から手術についての説明を受けます。

  従来の開腹手術による治療はもちろんのこと、当院の特徴として、腹腔鏡(内視鏡)を用いた手術やエコーを用いた手術を積極的に導入して、患者さんにやさしい治療(低侵襲性治療)を目指しています。

ページトップ