看護部長メッセージ

看護部長 本院の看護部は、済生会の基本理念「施薬救療」の精神のもと、高度化・複雑化する医療に対応しながら、患者さん1人1人を大切にし、安心できる看護の提供を目指しています。これは、かけがえのないその人に対し「生命力の消耗を最小にするよう生活環境を整え、自然治癒力をたかめること」ともいえます。生命力の消耗を最小にするにはどのようにしたらいいのでしょうか。実はこのことが「大切」と「安心」につながっている看護の原点であると思います。例えば、初めて入院する患者さんに、ムスッとして対応した時と笑顔で対応した時、生命力の消耗が大きいのはどちらでしょう?ストレスが免疫力に影響することはもう知られていますが、対応した看護師の笑顔は、患者さんの生命力の消耗を小さくし自然治癒力をたかめる「大切」の1つであり患者さんに「安心」を与えます。この看護の原点を忘れず、根拠に基づいた看護実践ができる看護師を育成し求めています。交錯する情報と忙しさの中で、方向を見失いそうになった時、立ち止まり看護の原点に立ち返らせてくれる病院です。皆さまをお待ちしております。

看護体制

  • ベット数

    216床

  • 看護単位数

    4単位

  • 看護体制

    2交代制 ※固定チームナーシング、機能別

  • 看護要員配置

    10対1

  • 勤務時間

    日 勤 8:45〜17:00
    夜 勤 16:45〜9:00

組織図

組織図

ページトップ