教育制度

現任教育

教育理念

済生会基本理念と看護部理念のもとに看護を実践できる看護師を育成する。

教育目標

1.看護の原理にもとづいた看護実践能力の向上を図る(看護の対象の生命力の消耗を少なくする)
2.専門職業人としての自覚を持ち、自己成長できる能力を養う(専門的知識・技術・倫理観・感性・コミュニケーション・言葉使いなど)

教育の目的・教育目標

新 人
目的

(1)社会人、職業人としての成長を図る
(2)看護部の理念、目標を理解し、専門職能人としての基本的態度・技術を身につける

教育目的

(1)病院の職員としての自覚を持ち、組織の一員として行動できる
(2)基礎看護技術を実践に結びつけ個々の患者の看護ができる

卒後2年目
目的

(1)個別性のある患者の看護が実践評価できる
(2)病棟組織について知り、病棟におけるチームメンバーとしての役割を実践する
(3)看護師としての自覚をもつ

教育目的

(1)受持ち患者の事例を2件まとめることができる
(2)適切な報告・連絡・相談ができる
(3)根拠を明確にした仕事ができる

卒後3年目
目的

(1)日常看護業務の中から看護課題を見出すことができる。
(2)後輩の育成に関心を持ちかかわることができる

教育目的

(1)看護業務の中から根拠の曖昧なものを見つけ出すことができる
(2)上記(1)の根拠を明らかにしていく過程(看護研究)のメンバーとして与えられた役割を実践できる
(3)新人指導の一端を担うことができる(プリセプター、OJT)

卒後4年目
目的

(1)組織内における、自分の役割を理解する
(2)リーダーシップを養う
(3)新しい自分を見出し、自己啓発の機会とする

教育目的

(1)病院としての方針と現状が理解できる
(2)チーム内カンファレンスでリーダーシップがとれる

もっと詳しく見る

ページトップ